ちょっと変わった福利厚生”飴ちゃん制度”の紹介

koba

  • line
  • はてなブックマーク
  • x

カルチャー

ちょっと変わった福利厚生"飴ちゃん制度"の紹介

こんにちは。最近遅れてきた花粉症に悩まされておりますデザイナーのKobaです。

ところでみなさま、企業の変わった制度・福利厚生ってどんなものを知っていますか?
私が知っている、他社さんの変わった制度ですと、夜食で給食を無料で食べられる制度だったり、オシャレ手当といって毎月身だしなみに使える手当がでたり、会社に出張マッサージが来てくれたりする会社なんかも…!
IT系の企業やスタートアップの企業ではおもしろい制度がある会社が多い印象ですが、実は弊社にも一風変わった制度があります。

その名も「飴ちゃん制度」!
今日はそんな飴ちゃんについてご紹介です!

飴ちゃん制度って?

「飴ちゃん制度」というのは、「ありがとうを贈ろう」というコンセプトで始まった、感謝を伝えることができる制度です。(あ、これだけ書くとなんか怪しい会社みたいですね……笑)
少し説明が難しいシステムなのですが仕組みを説明します!

  • 飴ちゃんの素が毎月配られる→誰かに渡すと飴ちゃんに変化
    毎月、会社から社員全員に飴ちゃんの素が1人2つチャージされます。毎月一回チャージされますが使わないと消えてしまいます。飴ちゃんの素は送った瞬間飴ちゃんに変わります(自分で飴ちゃんの素を持っているだけだと飴ちゃんになりません)​。
飴ちゃんの素はあげると飴ちゃんに変化します!
  • 社員はそれぞれ言葉を贈りたい相手を2人を選んで「飴ちゃんの素+言葉」を送る
    2つ持っている飴ちゃんの素は毎月2人に送ります。例えば
    「休みの日に代わりにサポートしてくれてありがとうございます!」
    「デザインのアイデアが出ない時に助けてくれてありがとうございます〜😢」
    「教えてもらったツールがとても使いやすくて作業がはかどりました!」
    といった感じで、相手に感謝のコメントとともに飴ちゃんを贈っています!
飴ちゃんの素には言葉を添えて2人に送る

飴ちゃんってもらうとどうなるの?

もらった飴ちゃんは飴ちゃんポイントとして貯まっていきます。そして貯まったポイントは交換リストの中にある商品と引き換えることができます。
交換商品リストには、飴ちゃんの制度ができた時に社員一同でリクエストした商品が並んでいます。交換品は、お手頃なものでは5ptで交換できる商品から100pt以上必要なものまでなんとその数80点ほど!(2023年6月時点)

例えば、香水やお菓子、肉、入浴剤、ぬいぐるみ、ソファ、キーボード、ゲームコントローラーなど様々なラインナップでAmazonみたいになっています。笑

実際に交換したものご紹介

制度が始まって約一年。実際に貯まったポイントで交換させていただいた商品を紹介したいと思います〜!

No1.コントローラー!

社員の約1/3が所属しているスプラ部。例にもれず所属しているわたくしはどうしてもほしいものがあったんです…!

スプラ部の詳細はこちら↓

そうそれは、コントローラー!!!!!!!
良いパフォーマンスを発揮するには環境を整えなくてはいけない。これは仕事の際にも基本ですね。
おかげさまでゲーム環境は快適。先日とうとうSランクというちょっと上手い人たちの仲間入りを果たしました。

No2.人をダメにしてくれるソファ

印無しで良品を扱っているで某有名メーカーの人をダメにするほど気持ちがいいというソファ。実はず〜〜〜っと欲しかったんです。今までは部屋が狭くて置けなかったりしたのですが、先日引っ越しをしたこともあり、飴ちゃん交換でいただきました。
何十ポイントか貯めた飴ちゃんポイントを商品交換に一気に投下した時には完全に「オラに力を・・!」と元気玉を投げていたドラ◯ンボールの主人公のような気持ち(?)でした。
意味わからないと思うのですが、自分が貯めたというより人からプレゼントでいただいたって感覚です。

届いたソファは予想以上に私をダメにしてくれて快適です。(今もこの子に座って書いてます。本当に気持ちいい…!)

ちなみに私は、飴ちゃんが貯まるとすぐ景品に交換したくなるタイプです。
その一方で社内では、超リッチなキーボードと交換するためにコツコツと飴ちゃんポイントを貯めている人や、試したことない入浴剤に交換をしてみている人など、みんなの交換品をみているだけでも性格が見えて面白いです。

ちなみに今は飴ちゃん交換をしすぎて1ptしかないのでこれからまた貯まったら嬉しいなあと思っています。


飴ちゃんってもらってもあげても嬉しいかもしれない

月末になるとチャットで「今月の飴配りの時間だ〜」というアナウンスが流れます。
これをきっかけに「今月は飴ちゃん誰にあげようかな〜」という会話がoViceや新宿オフィスで飛び交います。
「そういえばこれしてもらったな〜」とか「今月は〇〇さんに贈りたいなあ!」なんて話題から、普段リモートで会うこともなく・案件も被っていない人の話を聞けるのが面白いなあと思いました。

飴ちゃんをあげることをきっかけに今月の自分の関わった案件のこととか、助けてもらったこととかを振り返るきっかけにもなってしみじみタイムだったりします。

弊社の変わった制度(風土?)は他にもいろいろあるので、またの機会にご紹介できればと思います!

星のカービィ(デザイナー・コーダー)

koba

東京生まれ東京育ちのシティーガール。休日はシフォンケーキ製造機と化している。

日々更新中! Bit Beans、
Xもやってます!
  1. TOP
  2. ブログ
  3. ちょっと変わった福利厚生”飴ちゃん制度”の紹介
Bit Beansキャラクター紹介