Web制作・ホームページ作成なら、東京・神田神保町のビットビーンズ

BLOG

Beans ブログ

Bit Beansのデザイナーやエンジニアを中心としたスタッフによる情報発信ブログです。
Web制作、デザインや技術、ワークスタイルに関する情報を日々お届けします。

初めてiPadでイラストを描いてみました。

こんにちは、イラストを描くのが好きなデザイナーの田島です。
なぜかイラスト好きが多いBit Beans。
そして、最近のイラスト事情を聞くとiPadで描いている人が多数いるみたい。

今までマウスを使ってillustratorかphotoshopでイラストを描いたり着彩をしていたのですが、ペンタブで描くのも気になっていた‥。
ということで、思い切ってiPad&Apple Pencilを購入してイラストを描いてみました!

PC IllustratorとiPad Procreateの比較

先日illustratorでイラストを描いたのですが、ブラシの効果が重くて重くて‥何度もPCが固まっていました(涙)

さらに、ブラシを使ったイラストってiPadの方が得意なのでは?と思っていたので、同じイラストをiPadで描いて、比較してみました。

左がillustrator。右がiPadのProcreateで描いたイラスト

うん。それぞれ良さがある!

Procreateだと、Illustratorの悩みの種だったブラシ効果の重さは全く無かったです。そして、初期搭載のブラシの種類が多く(迷ってしまうけれど)、イラストの幅が広がったように感じました。

また、マウスでずっと描いていると手が痺れてしまうのですが、ペンタブならその心配は無かったです。

やってみたかったタイムラプス!

何度も使っていたブラシの種類を忘れてしまい、違うブラシで描いてしまったりしてます。

塗りつぶしが多いけれど、もう少しProcreateの特徴を活かすようにゴリゴリと塗れば良かったのかも‥。

iPad版Illustratorリリース間近

今回値段や持ち運びの面でiPadにしたのですが、元々Illustratorで描いたイラストの仕事が多めの私には、Illustratorでペンタブが使える液晶タブレットも必要そうでした(今更)。

と思ったら、iPad版Illustratorが開発中で、2020年10月21日にリリースされるみたい!

https://www.adobe.com/jp/products/illustrator/ipad.html

リリースされたら早速使ってみたいと思います。ありがとうAdobeさま!

結論‥

描きたいイラストのトーンによってお絵描きアプリを使い分ける!

あとはひたすら練習あるのみ!

と感じました。これからはiPadでもイラスト描いていくぞ〜。

御社の魅力発信、お手伝いします。

まずはお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

デザイナー

田島 和泉

大分のオカン。Bit Beans歴14年くらいの大ベテランで、身体には青色の血が流れている。

大分のオカン。Bit Beans歴14年くらいの大ベテランで、身体には青色の血が流れている。

  • SHARE