Would you ask me?

May I help you?

とりあえずWEB制作会社に訊けばいいんじゃない?

Bit Beans の顧客の気持ちを代弁すると、上のような一行になるかもしれません。「顧客」なんてカッコつけちゃいましたが、何かのサービスをユーザーに提供したい人、他の会社のために企画を考える人。中途半端な知識やノウハウではなく、専門家としての見地や技術を求めている人、そしてちょっと困っている、そんな「あなた」です。わたしたちはあなたを助けることで、社会に関わる企業でありたいと考えます。WEB屋でなければ知り得ない現実的なノウハウ、高度な技術と幅広いデザイン力をもって、解決策をひとつひとつのケースに応じて落とし込みます。業界の動向にキャッチアップする姿勢を忘れず、臨機応変な提案を。幸せの本質は人の助けになることだと信じて。「とりあえずWEB制作会社に訊けばいーじゃん」と考えるお客様に、頼りにされる制作会社でありたいと願っています。
  • 企画・編集

  • WEBサイト構築

  • イラスト制作

  • 相談 道を訊かれやすい人、みたいな会社がいい。 なんだか安心、信頼できて、相談されやすい会社になりたいのです。気をつけていることは2つ。「知ったかぶりはしない」こと。そして知ってることが「どのくらいの精度なのか」をきちんと伝えること。真摯に、相手の身になって「何が必要か」を考えて提供する姿勢=相談力を磨いてお待ちしています。

  • プランニング アイデアがガンガン飛んでくる?! 企画の依頼があると社内に「ちょっとアタマ貸して」の言葉が飛び交います。メールやクラウド環境でアイデアがキャッチボールされ、プランナーはそれをもとに色とりどりのネタに仕上げます。やっていくうちにツボを押さえた視点になっていくのがミソ。最速事例は30分(汗)。こんなチームワーク他にないかも。

  • 構成 視点が大切・・・ 広く見渡す鷹の目で。 全体を見渡して、ポイントになる「一番大切なもの」を見つける。それを中心に、何をどういう順番で伝えるかを考える。いくら修正が入ろうともブレないコアがあれば、あとは伝え方を工夫するだけ。俯瞰から見渡す鷹の目…それって人生経験がモノを言うかも(しみじみ)。日々精進あるのみです。

  • デザイン ベレー帽も記号、バナナの皮も記号。 デザイナーに必要なのは、伝えるための「記号」を操る能力。漫画家にベレー帽や滑るバナナの皮(ベタですいません)など、無数に存在する「お約束」を理解していることがプロ。時代に合った記号を探し出せるバランス感覚を持つこと。求められてるものを察知する感性を養うこと。Bit Beansはそんなデザインを心がけます。

  • ライティング 伝える、響かせるライティング。 単に情報が伝わるだけでは、まだ足りない。世代によって変わる文体を使い分けることで、ターゲットへの響き方が変わります。ちょっとした言い換えひとつでイマジネーションに違いが出ます。わかりやすさをテーマに一言一句精査し、読みやすい適切な情報量で「感性に響くライティング」を心がけています。

  • 技術 誰よりも気が利く技術屋さん。 優れた美容師は、その人の顔の形を見ながらオーダーをカスタマイズするそうです。技術はあくまでサービスの基本で、大切なのはお客様の満足。だからわたしたちは「気が利く」ことをモットーとしています。視点を少し広げることで、道具や工数を取捨選択できるような技術屋であれ。それがわたしたちのスタイルです。

  • 取材・撮影 いろいろな形に、臨機応変に対応します。 取材力もまたわたしたちの強み。ある件では新橋の駅前で道行く人からたくさんの声と笑顔を集めました。またある時は料理研究家のお宅に篭って料理を食べて…いや撮影です(満腹)。人、もの、イベント、取材・撮影の経験豊富。あえて普通に撮影してほしい、ということでスマホで撮影することも。臨機応変です。

  • コーディネート モデルや移動手段の手配。コンテンツの許可取り。 記事を作る時につきものなのが「許可取り」。どこの誰に許可をとればいいか調べ、掲載後のフォローまできちっとした対応がクライアントの評価を左右します。撮影時のモデルの手配、ロケバスやカメラマンの手配。撮影候補地のセレクトも。コンテンツづくりに必要なさまざまなシーンでのコーディネートも頑張ります。

  • ムービー制作 小学生が動画で情報を得る。そんな時代だから。 WEBに動画は欠かせない手法となりました。イメージ色の強いもの、記録用の安価なもの、WEBで用いられる動画はさまざまです。CMでは表現しきれないこともたくさんあります。放送業界スタッフ、映像カメラマン、音響スタッフなど、適したシーンでタッグを組みながら、WEB表現を軸とした動画作成を進めていきます。

  • プロデュース すぐれた演奏を奏でる指揮者のような存在。 スケジュールや費用感を鑑みながら、全体をしかるべき方向にプロデュースする存在のおかげで、クリエイターは力を出し切ることができます。プロデューサーはオーケストラの指揮者のような存在だとよく言われますが、必要なタイミングで必要なリソースを準備して、いつも考えられる中で一番の演奏をお届けします。

Bit Beansが目指すのは、
ホスピタリティ豊かな制作会社。

Bit Beans は2003年7月に発足しました。
ものづくりを楽しめる仲間とずっと「もの」を作っていくこと。
そして、それを通して人と関わり、楽しみを共有できる場所をつくりたい。
そんな想いで生まれたWEBを中心とした制作会社です。
最初に誓ったことがあります。
私たちはこの先、カリスマ的なクリエイターに頼らずにやっていこう。
普遍的にいつの時代にも変わらない「強み」を身につけよう。
そうして生まれた姿勢が「ホスピタリティ豊かな制作会社」です。
時々、Bit Beansを大海を渡る小船のように夢想します。
頭上に掲げる青い豆のシンボルを眺めながら、乗組員はそれぞれに、
自分のポジションをしっかり守りながら船を漕ぎすすめています。
ひとりひとりが身の丈で自分の持ち場で、
「親切であること、丁寧であること、役に立つということ。」
を考えるのがBit Beansのスタイル。
おもてなしにマニュアルはありません。
ひとりひとりが心の中に「自分のホスピタリティ」を抱いています。
一緒にやれてよかった、そんな言葉をみなさまからいただけるように。
Bit Beansという船の後には、いつも穏やかな波が、つづきますように。
We've just moved. Bit Beans. 新しいオフィスの様子はこちら

有限会社Bit Beans

東京都千代田区神田神保町1-4 クロサワビル7F
tel:03-5577-2871 fax:03-5577-2872
東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・都営三田線神保町駅 A5より徒歩5分

  • 事業内容WEBサイト企画・運営、システム開発、ムービー、ゲームの企画
  • 代表取締役森 一茂・出村亜佐子
  • 取締役金井 美稚子(株式会社 OFFICE KANAI代表取締役)
  • 設立2003年7月
  • 資本金17,050,000円
  • 主要取引先UCC上島珈琲株式会社/株式会社電通/株式会社電通テック/
    株式会社たき工房/株式会社TOMOE 他多数(順不同)

子育て支援行動計画

2016年1月31日(日) 行動計画(第2回) 社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。 1.計画期間平成28年1月1日~平成31年12月31日まで3年間 1.内容<目標>
全ての社員に対して育児休業制度や雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知を行い、育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備を行う。
【対策】育児休業制度についてパンフレットの配布・ミーティングを実施し、社員に対して法に基づく諸制度及び育児休業規程の周知徹底を図る。
(1)平成24年1月1日~諸制度の情報収集
(2)平成24年4月1日~社員へパンフレットを配布・ミーティングの開催
(3)新たに採用になった者には育児休業制度・看護休暇取得の説明